安藤サクラさんの旦那さんの親はどんな人?

NHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインを演じている安藤サクラさんの旦那さんは、俳優の柄本佑(えもとたすく)さんですが、柄本佑さんの親が超有名人ってことを知っていましたか?
これから榎本佑さんの親を詳しく紹介したいと思います。

安藤サクラさんの旦那の柄本佑さんの父親はあの個性派俳優

柄本佑さんの父親は俳優の柄本明さんです。

柄本明さんは、1974年、自由劇場に俳優として参加していましたが、作品が自身のスタイルにあっていなかたため1976年に退団。

1976年に自由劇場でいっしょだったベンガルさん・綾田俊樹さんと笑いを中心にした劇団東京乾電池を結成。
その後、自由劇場でいっしょだった高田純次さんらも入団しています。

1980年には、テレビのバラエティー番組「笑ってる場合ですよ」に出演されて、一躍有名になりました。

1987-1993年放送の「志村けんのだいじょうぶだぁ」でのコント。売れないベテラン芸者の志村けんさんと柄本明さんが愚痴をこぼし合うネタが人気を得てました。

その他、数々のテレビドラマや映画に出演されています。

柄本明さんの独特な演技は、欠かすことができない重要な存在になっています。

柄本明プロフィール

生年月日 1948年11月3日
出身地 東京

1976年に、ベンガル・綾田俊樹らと劇団東京乾電池を結成。

1998年『カンゾー先生』にて
第23回報知映画賞 最優秀主演男優賞、
第11回日刊スポーツ映画大賞、
主演男優賞、
キネマ旬報1998年度ベスト・テン主演男優賞、
日本アカデミー賞最優秀主演男優賞。

2004年『花』『ドッペルゲンガー』『座頭市』にて
第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。

2005年『油断大敵』『タカダワタル的』『ニワトリはハダシだ』にて
第26回ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。

2008年、映画『やじきた道中 てれすこ』にて
日本アカデミー賞優秀男優賞受賞。

演技の範囲がシリアスからコミカルまでと広範囲にわたり演じることができる演技派俳優。その他、舞台の演出も行っています。

スポンサーリンク


/center>

主な出演作品

テレビドラマ

・1980年 探偵物語
・1981年 野々村病院物語
・1984年 ビートたけしの学問ノススメ
・1991年 ふぞろいの林檎たちIII
・1991年 太平記(大河ドラマ)
・1994年 西遊記
・1995年 八代将軍吉宗(大河ドラマ)
・1999年 元禄繚乱(大河ドラマ)
・2003年 WATER BOYS
・2004年 竜馬がゆく
・2006年 功名が辻(大河ドラマ)
・2011年 HUNTER ハンター?その女たち、賞金稼ぎ
・2017年 フランケンシュタインの恋
・2018年 西郷どん(大河ドラマ)
・2018年 ぐっど・ドクター
他多数出演

映画
・1981年 セーラー服と機関銃
・1982年 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
・1985年 二代目はクリスチャン
・1989年 もっともあぶない刑事
・1989年 男はつらいよ 寅次郎心の旅路
・1991年 病は気から 病院へ行こう2
・1994年 ゴジラvsスペースゴジラ
・1996年 Shall we ダンス?
・1996年 釣りバカ日誌8
・1997年 うなぎ
・1997年 誘拐
・1998年 カンゾー先生
・2003年 座頭市
・2007年 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
・2009年 余命1ヶ月の花嫁
・2010年 悪人
・2018年 万引き家族
他多数出演

他に舞台・ラジオ・CM・バラエティー等、数々の作品に出演されています。

柄本明さんの嫁さんはどんな人?

柄本明さんの嫁さんは、女優の角替和枝さんです。

残念ながら2018年10月に都内の自宅で亡くなられました。享年64歳でした。

角替和枝さんは劇団東京ザットマンの立ち上げから参加して、芝居を始めました。

その後、つかこうへい事務所に所属して、NHK連続テレビ小説「おひさま」、「ハイカラさん」などに出演して一躍注目されるようになりました。

それから所属先を東京乾電池に移します。

そして26歳のときに柄本明さんと結婚しました。

それからも数多くのテレビドラマや映画で個性的な演技で名脇役として活躍されていました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする